猫物語の白まで読み進めた。
戦場ヶ原が羽川に言った「野生として落第よ」という台詞で膝を打つ。
すげえ的を得ている台詞だ。

なんか個人的キーワードとして「生きている上での適度な罪悪感」というのが浮かんだ。

正義は、正しい人は、罪悪感を抱かない。だからこそ正義なのだし、だからこそ恐ろしい。

化物語

化物語


書籍化された時は300ページ強のラノベが1500円オーバーという事で買う気が起きずに放置していた。
アニメ化された時は3話の途中まで見たが、ガハラさんが阿良々木君を
電光石火で強奪する直前で眠気に襲われたため面白さが分からず視聴を辞めてしまった。


今期で偽物語を「まぁ一応チェックしとくか」という気持ちで見始めたら面白くてハマる。
ストーリーうんぬんではなくて、西尾維新お得意のダラダラした言葉遊びな会話を
楽しむ作品なんだと分かったら俄然面白くなった。原作も買って読み始めた。


現在、傷物語が読み終わる寸前。
化物語のときにも少し感じていたのだが、傷を読み始めて改めて思った。
羽川翼がイヤすぎる。
もっと正確に言うと"好きになれない"
嫌うというのはネガティブだけどパワーがいる感情なので、嫌いというのは違うのだと思う。
だから"好きになれない"が正しい表現。
"嫌い"よりも、もっと消極的で矮小な感情。


あんなに正しくて正論で良い人で強くて正義で
自己満足で自己完結で開き直って完成している人間なんて
それがたとえフィクションであっても


とても共感できない。
分かり合えない。
気持ち悪い。
恐ろしい。
危うい。
怖い。
そういった感じ。嫌いですらない。
とにかく、係わり合いになりたくない。
そんな感じ。
どこまで行ってもルサンチマンでしかないんだけど。
フィクションのキャラクターに劣等感を抱いても仕方がないんだけど。

化物語(上) (講談社BOX)

化物語(上) (講談社BOX)

化物語(下) (講談社BOX)

化物語(下) (講談社BOX)

傷物語 (講談社BOX)

傷物語 (講談社BOX)

廃墟として放置しつづけていた物をチラ裏として再活用。


最近ずっと後悔をしている気がする。
そんな恥さらしなんてしたくはないのだが。


生きていくってのは選択の連続であって
選択を誤るという事はつまる所どうしようもなく失敗なんだと思う。


弱い人間は嫌いじゃない。
でも己の弱さに目を背ける人間には反吐が出る。
己の利己性に気付かず博愛と自己犠牲を語る姿にも反吐が出る。

ずーっと放置してたら業者のコメントとトラックバックが…
コメントは管理から消せたんだが、トラックバックの消し方がよくわからん。
調べてみよう。


→ちょっとぐぐったら分かった。解決。

読了


ミミズクと夜の王/紅玉いづき

第十三回 電撃小説大賞<大賞>受賞作。
という事で買ってみました。
うん。おもろいわ。ラノベなのに挿絵一切無し。
ファンジーというよりは童話的な物語。
美しく、真っ直ぐな物語。
これはラノベ好きじゃない人にも読んで欲しい。

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)

ミミズクと夜の王 (電撃文庫)


ギロチンマシン中村奈々子 学級崩壊編/日日日

「ロボットと人間の違いってなーに?」
「ロボットにもココロはあるの?」という『電気羊は〜』から
使い古されたSFの命題を使ってラブコメ書こうぜ。というお話その2。
しかし、落ち着く所はいつもの日日日節。嫌いじゃないけどね。


ギロチンマシン中村奈々子―学級崩壊編 (徳間デュアル文庫)

ギロチンマシン中村奈々子―学級崩壊編 (徳間デュアル文庫)


邪魅の雫/京極夏彦

ううむ…いままでの京極シリーズで一番パッとしなかった気が。
途中何度も読むのを中断してしまった。
読了して気づいたのだが、その原因は
京極堂と榎木津の出番がほとんどなかったからの気がする。
そういやラスト100Pはノンストップで読んだし。


邪魅の雫 (講談社ノベルス)

邪魅の雫 (講談社ノベルス)